小平糧うどん臨時休業のお知らせ

2017年10月21日 土曜日

10月22日(日)は、台風が近づき荒天が予想されるため、小平糧うどんは臨時休業いたします。
予めご了承ください。

小平ふるさと村 昭和の結婚式

2017年10月15日 日曜日

昭和30年代に小平市域の民家で行われていた結婚式を、市の指定文化財である旧神山家住宅主屋を使って再現します。

当日は、当時の挙式で行われた「花嫁行列」や「火またぎ儀」、「固めの盃」、「三三九度の儀」などの儀式のほか、謡曲「高砂」や「獅子舞」などが披露され、地域の歴史や文化を楽しみながら体験できます。

ちょっと昔に地元で行われていた素朴な結婚式をぜひ、体感してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とき:11月3日(金)文化の日 10時30分~12時30分
ところ:旧神山家住宅主屋
内容:火またぎ、親族固めの盃、雄蝶・雌蝶による三三九度、
謡曲高砂、鈴木ばやしによる獅子舞 ほか
費用:無料
協力:小平市鈴木ばやし保存会
小平郷土研究会
武蔵野手打ちうどん保存普及会
謡曲 松風会

おかまさまの展示

2017年10月15日 日曜日

鍋や炊飯用の釜をかけて、食物など物を煮炊きする「かまど」は、火を扱うので、日本では
古くから神聖な場所として考えられていました。
展示では、かまど神の行事を再現し、旧神山家住宅主屋内のかまどに団子を供えます。

とき:10月24日(火)~10月31日(火)
ところ:旧神山家住宅主屋

小平アートプロジェクト 発見! こだいら ‐小平をアートでつなぐ5日間‐

2017年10月10日 火曜日

小平市中央公民館で行われた連続講座「ジュニア大学」で参加者の子どもたちと制作したアート作品などを展示します。
また、来園者もその場で参加できる武蔵野美術大学の学生によるワークショップを行ます。
アートの楽しさやふるさとの魅力に触れてください。


【展示】
とき;11月25日(土)~29日(水)

◆「つなげてあそぼう水のみち」
小平の「用水」をテーマに、現代美術家の武藤亜希子さんと子どもたちが制作した作品を展示します。

◆「小平アート郵便局」
郵便はがきを通した「交流」をテーマに作品を展示します。

◆「小平ぷちまっぷ」
ふるさと村の地図をモチーフに来園者と交流することのできる作品を展示します。

◆「灯リウム」
「昔の灯り」をテーマに小平の昔の暮らしについて考える展示を行います。

※11月25日(土)午前11時~11時30分と午後1時30分~2時に、旧鈴木家住宅穀櫃で小平郷土研究会による昔語りの実演を行います。

【ワークショップ】
とき:11月25日(土)~26日(日)午前10時~午後3時30分

◆「そうだ、小平を買おう」
「直売所」をテーマにした建物で、小枝などを材料にした作品の制作や、学生がデザインした園内で使える通貨を使い、直売所での「買い物」を通した交流を再現する楽しいワークショップです。
開催時間中は、いつでも好きな時に参加できます。

紙芝居を楽しもう

2017年10月10日 火曜日

毎月第3土曜日に行っている紙芝居の実演です。
お子様はもちろん、大人の方もお楽しみいただけます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とき 10月21日(土) 午後2時30分~3時30分
主催 小平紙芝居サークルともしび
会場 旧神山家住宅主屋
演目(予定)
・コスモス
・のばら
・五色のしか
・たぬきのてがみ ほか

糸あやつり人形 小平ふるさと村古典公演

2017年10月9日 月曜日

「糸あやつり人形一糸座」による人形浄瑠璃の公演を園内の古民家で上演いたします。
江戸時代から続く日本の糸あやつり人形の芝居をどうぞ、お楽しみください。

とき:
・10月12日(木) 13:00 15:30(2回公演)
・10月13日(金) 13:00
※開場は開演の30分前

定員:各回30名(事前申込制)

ところ:旧神山家住宅主屋

出演者:
人形 結城一糸 結城民子 結城敬太 金子展尚 根岸まりな
浄瑠璃 常磐津八重太夫 常磐津文重太夫
三味線 常磐津八重一郎
鳴り物 片岡由紀枝
演目:
・伊達娘恋緋鹿子八百屋お七―火見櫓の場
・釣女

申込み(問合せ):
糸あやつり人形一糸座 電話042-201-5811 メール isshiza@gmail.com

花だより10月の花

2017年10月9日 月曜日

10月8日現在、小平ふるさと村で咲いている花を掲載しています。

シュウメイギク

ホトトギス

ミヤコワスレ

キチジョウソウ

エゴノキ

サネカズラ

 

 

十三夜飾りの展示

2017年10月5日 木曜日

十五夜に次いで月が美しいとされる十三夜の月。

十五夜の月は芋名月ともいわれますが、十三夜月の異名は豆名月・栗名月と言われ、
すすきを飾り、だんごのほかに、くりや豆などその時期に採れる収穫物を供えます。

とき:10月8日(日)~13日(金)
ところ:旧神山家住宅主屋

花だより9月の花

2017年9月23日 土曜日

9月23日現在、小平ふるさと村で咲いている花を掲載しています。

セイヨウフジバカマ

ヤクシマホトトギス

シオン

キクイモ

チャ

ススキ

キンモクセイ

カキ

ムラサキシキブ

郷土学習 粉食文化を学ぶ、手打ちうどん作り

2017年9月21日 木曜日

 小平の郷土食である手打ちうどん。
 今では少なくなりましたが、かつては多くの家庭でお祝いや人寄せの席などで振る舞われるものでした。
 今回は手打ちうどんを小麦粉の地粉を使って打ち、参加者のみなさんに試食していただきます。
 うどん作りを通じて、小平の食文化に触れてみませんか。

と き 9月24日(日) 10:00から13:15 (終了しました)
費 用 500円(試食あり)
対 象 高校生以上
定 員 10人
協 力 小平郷土研究会食文化部会
申込み 小平ふるさと村へ(電話可、先着順)
問合せ ☎042(345)8155