節分の豆まきを開催

節分とは季節の変わる時の意味で立春・立夏・立秋・立冬の前日にあたります。現在、節分というと、立春(現在の暦で2月4日頃)の前日の節分が広く知られ、この日に「豆まき」が行われます。
「豆まき」は悪いものを追い払い、幸福を招き寄せようとする除災儀礼の行事です。
小平の「豆まき」は、煎った豆を升に入れ、神棚に供え、豆を捲くのは、家長または年男です。大きな声で、「福は内、鬼は外」と唱えながら撒き、悪霊のシンボルである鬼を家の外へ追い出します。まいた豆は、拾って年の数だけ食べます。
その他の除災儀礼として、焼いたイワシの頭を豆がらの枝に刺し、ヒイラギの葉のついた枝と一緒に家の入口や戸袋に刺しておくという行事があります。焼いたイワシの頭や、ヒイラギの葉は臭気や刺(とげ)等で悪霊を追い払うことができると考えられたからです。
小平には「豆まき」をしない家があります。小川町一丁目の小山氏宅では、「どこの家からも追い出されて鬼がかわいそうだ」とその晩は戸を開けておき、鬼の休むところを作っておきます。お酒、赤飯などのご馳走をおき、ゆっくり休ませ、夜中の12時すぎに、ご馳走をもって鬼を辻まで送って行きます。そして帰りは、決して後ろを振り返らないで戻ってきます。別名「鬼の宿」とも言われています。

小平ふるさと村では、下記の日程で豆まきを行います。
今年はどんな鬼がでるかご期待下さい。

【写真は昨年の模様です】
マメマキ1マメマキ2