昭和30年代頃の小平地域の結婚式を開催

11月3日(木・祝・大安)に、小平ふるさと村の旧神山家住宅主屋で、昭和30年代頃に小平地域の自宅で行っていた結婚式を、公募市民のご協力で初めて開催しました。相伴当(しょうばんとう)の司会者には、小平市在住の落語家、三遊亭右紋さんが務めました。結婚式は、火またぎに始まり、親族固めの盃、雄蝶(おちょう)雌蝶(めちょう)による三三九度の盃、謡曲高砂、鈴木ばやしの獅子舞、嫁のお茶、小平市長への婚姻届提出などを行いました。大勢の見学の方に来ていただき、新郎新婦の新たな門出をお祝いしました。
グリーンロードヒマタギショウバントウザセキサンサンクドホンゼンスズキバヤシコンイントドケシンロウシンプ