ひな人形の展示

桃の節句にちなみ、ひな人形を展示します。

「桃の節句」は、古代中国に起こった「上巳節」という季節の変わり目に水辺で穢れを払う行事が起源とされ、人形に穢れを移し川に流す「流し雛」の習慣はその名残とされています。

「桃の節句」と呼ばれるようになったのは、江戸幕府によって五節句が定められたときで、「端午の節句」が男の子の節句であるのに対し、邪気を払う桃の木の開花時期と相まって、女の子の健やかな成長を願う節句として定着したといわれています。

とき:2月17日(金)~3月3日(金)
ところ:旧神山家住宅主屋及び旧小平小川郵便局舎