小平ふるさと村

局舎は、明治41年(1908年)建築の和風建築で、わが国に現存する郵便局舎の中でも、古いものの一つです。当初は集配業務を行い、また昭和初期からは電話交換業務も行っていました。和風平屋建、赤茶色の屋根、窓口は鉄格子、屋根の2か所に〒マークがあります。明治末期から大正期にかけての郵便局の様子を知ることができる貴重な建物です。 昭和58年1月まで地域住民に親しく利用されていました。

小平市指定有形文化財第1号(昭和58年3月31日指定)、木造平屋建、鉄板平茅葺入母屋造り、延床面積:128.88平方メートル、明治41年11月15日竣工、旧所在地:小平市小川町1丁目2072番地、解体工事:平成2年7月3日~。