小平ふるさと村について

小平の地は、江戸時代初期の玉川上水の開通にともなって開発が行われた新田村落です。
かつては、青梅街道をはじめ、東西に走る各街道沿いに屋敷森に囲まれた農家が並び、街道をはさんで農家の南北には短冊型の畑が続いていました。しかし近年は、小平の面影も大きく変わりつつあります。こうした中で小平市は、寄贈を受けた旧小川家住宅玄関棟ほか4棟の建物を解体保管してきました。市民の皆さんの郷土の文化に対する関心の高まりに応え、これらを文化遺産として後世に伝えていくために、「旧神山家住宅主屋」、「旧鈴木家住宅穀櫃」「旧小川家住宅玄関棟」「旧小平小川郵便局舎」を移築復元し、「開拓当初の復元住居」「水車小屋」「消防小屋」等を建築し、平成5年5月に小平ふるさと村として開村しました。
小平ふるさと村は江戸初期から中期の建物を復元した開拓ゾ-ン、江戸後期の建物を復元した農家ゾ-ン、明治以降の近代ゾ-ンを配置し、時代を追って見学できるようになっています。また、年中行事の再現や各種イベントなどを行っているほか、日を決めて「小平糧うどん」の販売も行っています。
小平ふるさと村は、平成21年度から指定管理者として公益財団法人小平市文化振興財団が管理運営しています。

新着情報

2018年01月20日
節分の豆まき
2018年01月13日
紙芝居を楽しもう
2018年01月11日
エベスコの展示
2018年01月08日
ふるさと村でTV番組の撮影が行われました
2017年12月21日
昔話とかるた・昔遊び
2017年12月21日
まゆ玉飾りの展示
2017年12月21日
あぼひぼ飾りの展示
2017年12月11日
紙芝居を楽しもう
2017年12月10日
もちつき体験・鏡もち作り
2017年11月29日
冬の園芸大市